オープンイノベーションによる脳科学の産業応用を推進「異分野の研究者・異業種の民間企業からなるコンソーシアム」

トップページ > アカデミー一覧 > 応用脳科学アカデミーアドバンスコース「ブレインヘルスケアとリハビリテーション」第2回(鈴木先生・Seymour先生・高橋先生)

応用脳科学アカデミーアドバンスコース「ブレインヘルスケアとリハビリテーション」第2回(鈴木先生・Seymour先生・高橋先生)



タイトル「非侵襲BMIの現状と課題」

講師紹介

鈴木 隆文(すずき たかふみ)先生

  • 鈴木先生 写真
    【現職】

    情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター 脳情報通信融合研究室 室長

    【経歴】
    • 1993年:東京大学工学部計数工学科卒業。
    • 1998年:東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了 博士(工学)
    • 1998年~2002年:東京大学国際・産学共同研究センター 助手
    • 2002年~2012年:東京大学大学院情報理工学系研究科 特任講師、講師
    • 2012年~2016年:情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター 主任研究員
    • 2016年より現職
  • 【研究概要】

    ブレインマシンインタフェース(BMI)の基盤技術(多点電極技術、無線技術、解読技術等)の高度化による臨床応用の実現と脳科学への応用

  • 【主な業績】
    • Kaiju T, Doi K, Yokota M, Watanabe K, Inoue M, Ando H, Takahashi K, Yoshida F, Hirata M, Suzuki T, High Spatiotemporal Resolution ECoG Recording of Somatosensory Evoked Potentials with Flexible Micro-Electrode Arrays, Front. Neural Circuits, 11 (2017)
    • Ando H, Takizawa K, Yoshida T, Matsushita K, Hirata M, Suzuki T, Wireless multichannel neural recording with a 128-Mbps UWB transmitter for an implantable brain-machine interfaces, IEEE Trans Biomed Circuits Syst, 10(6):1068-1078 (2016)
    • H. Toda, T. Suzuki, H. Sawahata, K.Majima, Y. Kamitani, I. Hasegawa: Simultaneous recording of ECoG and intracortical neuronal activity using a flexible multichannel electrode-mesh in visual cortex, NeuroImage, 54, 203-212 (2011)
    • 櫻井芳雄, 八木透, 小池康晴, 鈴木隆文: ブレイン-マシン・インタフェース最前線-脳と機械を結ぶ革新技術-, 工業調査会(東京)(2007)

開催概要

講義内容
本講義では、非侵襲型、低侵襲型、侵襲型を含めた各種のブレインマシンインタフェース(BMI)技術の原理と国内外での研究開発状況の概要をご紹介した上で、特に非侵襲型BMI技術の現状と課題についてご説明します
日時
2021年1月13日(水)13:00~17:50(12:40より受付開始)
※鈴木先生の講義は、13:00~14:10です。
場所
NTTデータ経営研究所(永田町)

JA共済ビルのエントランスフロアにて受付をお済ませいただいた後、左側のエレベーターにて9階までお越しください。
9階エレベーターホールの案内板が設置されている側の扉からお入りいただき右手突き当りまでお進みください。突き当り扉奥に応用脳科学アカデミー受付がございます。

お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。


タイトル「Chronic pain: from basic science to clinical neuroengineering」

講師紹介

Ben Seymour 先生

  • Ben先生 写真
    【現職】

    Wellcome Senior Clinical Fellow and Honorary Consultant Neurologist, University of Oxford.

    【経歴】

    I am a Wellcome Senior Clinical Fellow at Oxford University, working jointly at the Wellcome Centre for Integrative Neuroimaging and the Oxford Institute for Biomedical Engineering; and a visiting researcher at the Center for Information and Neural Networks (National institute of Information and Communications Technology) in Osaka, and ATR labs (Kyoto). I am also an honorary consultant neurologist at Oxford University Hospitals NHS Trust. Previously I worked at the Computational and Biological Learning Lab at the Uniiversity of Cambridge.

  • 【研究概要】

    My lab addresses the computational and systems neuroscience of pain. This research is part theoretical: building realistic models of neuronal information processes to understand processes of pain perception and behaviour, and part experimental: testing these theories using a range of experimental methodologies, especially fMRI. My research aims to develop new technology-based therapies for treating pain in clinical populations.

  • 【主な業績】
    • Hierarchical models of pain: Inference, information-seeking, and adaptive control. Seymour B, and Mancini F. NeuroImage, (2020) 222; 117212
    • Pain Control by Co-adaptive Learning in a Brain-Machine Interface. Zhang S et al., Current Biology (2020) 30.
    • Pain: a precision signal for reinforcement learning and control. Seymour B., (2019) Neuron 101 (6), 1029-1041
    • The control of tonic pain by active relief learning. Zhang S, et al., (2018) eLife 7, e31949
    • Value generalization in human avoidance learning. Norbury A. et. al., (2018) eLife 7, e34779

開催概要

講義内容

Chronic pain is one of the most important health priorities of the 21st century, with a socioeconomic cost that may far exceed most other medical problems. It is the leading reason why people stop working prematurely, and a leading cause of loss of independence in the elderly leading to requirements for care. And the magnitude of the problem continues to increase as society ages. The lack of effective drugs for pain has led to an urgency to develop new treatments, with technology-based approaches being an potentially important avenue for innovation.

In this lecture I will give an overview into the nature of pain processing in the brain. I will introduce models of information processing in the pain system, which aim to describe how behaviour and the conscious perception of pain arise from brain activity. I will then consider contemporary theories as to what goes wrong in patients with chronic pain - especially theories that relate to abnormal brain processing of pain I will then introduce a number of key avenues for treatment innovation, with a particular focus on clinical neuroengineering.

日時
2021年1月13日(水)13:00~17:50(12:40より受付開始)
※Seymour先生の講義は、14:20~15:30です。
場所
NTTデータ経営研究所(永田町)

JA共済ビルのエントランスフロアにて受付をお済ませいただいた後、左側のエレベーターにて9階までお越しください。
9階エレベーターホールの案内板が設置されている側の扉からお入りいただき右手突き当りまでお進みください。突き当り扉奥に応用脳科学アカデミー受付がございます。

お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。


タイトル「依存症とその予防対策」

講師紹介

高橋 英彦(たかはし ひでひこ)先生

  • 高橋先生 写真
    【現職】
      東京医科歯科大学大学院
      医歯学総合研究科 精神行動医科学 主任教授
    【経歴】
    • 1997年 東京医科歯科大学医学部医学科卒
    • 1997年 東京医科歯科大学医学部附属病院 研修医
    • 1998年 東芝林間病院精神神経科 医師
    • 1999年 浅井病院精神科 医師
    • 2005年 University of Melbourne, Centre for International Mental Health, Visiting Fellow
    • 2005年 放射線医学総合研究所 博士研究員
    • 2006年 放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センター 主任研究員
    • 2008年 科学技術振興機構 さきがけ(脳情報の解読と制御)研究員
    • 2008年 California Institute of Technology, Division of Biology Visiting Associate
    • 2010年 京都大学大学院 医学研究科 脳病態生理学 精神医学教室 講師
    • 2011年―2019年 同 准教授
    • 2019年―現在 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 精神行動医科学 主任教授
  • 【研究概要】

    健常者および精神神経疾患患者における意思決定、社会性の(障害の)神経基盤の研究

  • 【主な業績】
    • Tei S, Kauppi JP, Jankowski KF, Fujino J, Monti RP, Tohka J, Abe N, Murai T, Hari, R, Takahashi H. Brain and behavioral alterations in subjects with social anxiety dominated by empathic embarrassment.Proc Natl Acad Sci U S A. 2020;117(8):4385-4391
    • Fujino J, Fujimoto S, Kodaka F, Camerer C, Kawada R, Tsurumi K, Tei S, Isobe M, Miyata J, Sugihara G, Yamada M, Fukuyama H, Murai T, Takahashi H. Neural mechanisms and personality correlates of the sunk cost effect.Sci Rep (2016) 6, 33171 Takahashi H, Fujie S, Camerer C, Arakawa R, Takano H, Kodaka F, Matsui H, Ideno T, Okubo S, Takemura K, Yamada M, Eguchi Y, Murai T, Okubo Y, Kato M, Ito H, Suhara T. Norepinephrine in the brain is associated with aversion to financial loss. Mol Psychiatry (2013) 18: 3-4
    • Takahashi H. Monoamines and assessment of risks. Curr Opin Neurobiol (2012) 22(6):1062-1067
    • Takahashi H, Takano H, Camerer C, Ideno T, Okubo S, Matsui H, Tamari Y, Takemura K, Arakawa R, Yamada M, Eguchi Y, Murai T, Okubo Y, Kato M, Ito H, Suhara T. Honesty mediates the relationship between serotonin and reaction to unfairness. Proc Natl Acad Sci U S A (2012) 109(11):4281-4284
    • Takahashi H, Matsui H, Camerer CF, Takano H, Kodaka F, Ideno T, S Okubo S, Takemura K, Arakawa R, Eguchi Y, Murai T, Okubo Y, Kato M, Ito H, Suhara T. Dopamine D1 receptors and nonlinear probability weighting in risky choice. J Neurosci (2010) 30(49):16567-16572.
    • Takahashi H, Kato M, Matsuura M, Mobbs D, Suhara T, Okubo Y: When Your Gain is my Pain and Your Pain is my Gain: Neural Correlates of Envy and Schadenfreude. Science (2009) 323: 937-939

開催概要

講義内容
伝統的な経済学では意思決定者は、個人の利得を最大限になるように“合理的”に振舞うと想定してきました。しかし、実際の人間は必ずしも“合理的”ではなく、時に宝くじを購入したり、寄付や協力行為を行ったりします。一見、非合理な意思決定には、人間の認知能力の限界に加えて、情動・同情・モラルなども重要な役割を担っていることが示唆されています。本セミナーでは「ギャンブル」や「妬み」といった情動的意思決定に関係する機能の脳内メカニズムの理解を通じて、これらの視点に立脚した新たなマーケティング戦略の立案に資する知見を得ることを目指します。
日時
2021年1月13日(水)13:00~17:50(12:40より受付開始)
※高橋先生の講義は、15:40~16:50です。
場所
NTTデータ経営研究所(永田町)

JA共済ビルのエントランスフロアにて受付をお済ませいただいた後、左側のエレベーターにて9階までお越しください。
9階エレベーターホールの案内板が設置されている側の扉からお入りいただき右手突き当りまでお進みください。突き当り扉奥に応用脳科学アカデミー受付がございます。

お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

ページトップへ