オープンイノベーションによる脳科学の産業応用を推進「異分野の研究者・異業種の民間企業からなるコンソーシアム」

トップページ > アカデミー一覧 > 応用脳科学アカデミーベーシックコース3「ELSI」第1回(中澤先生・吉田先生)

応用脳科学アカデミーベーシックコース3「ELSI」第1回(中澤先生・吉田先生)



タイトル「脳科学分野におけるELSI」

講師紹介

中澤 栄輔(なかざわ えいすけ)先生

  • 中澤先生 写真
    【現職】
      東京大学大学院 医学系研究科 医療倫理学分野 講師
    【経歴】
    • 2000年3月 日本大学文理学部卒業
    • 2002年3月 日本大学大学院文学研究科哲学専攻博士前期課程修了
    • 2006年3月 東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻(科学史・科学哲学)修士課程修了
    • 2009年3月 東京大学大学院総合文化研究科 広域科学専攻(科学史・科学哲学)博士課程修了
    • 2009年4月 東京大学グローバルCOE 「共生のための国際哲学教育研究センター」特任研究員
    • 2011年4月 東京大学グローバルCOE 「共生のための国際哲学教育研究センター」特任助教
    • 2012年4月 東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻医療倫理学分野特任助教
    • 2013年5月 東京大学医学部健康総合科学科保健管理学教室助教
    • 2017年6月 東京大学医学部健康総合科学科保健管理学教室講師
    • 2017年6月 東京大学大学院医学系研究科医療倫理学分野講師
  • 【研究概要】

    自然主義という哲学的立場から、主に脳科学と共に生じる倫理的問題を理論的に研究しています。医療の現場、科学の現場と哲学・倫理理論を横断する研究であり、その中には研究者に対する倫理的支援も含まれます。終末期医療や生殖補助医療、臓器移植や再生医療、脳科学を始めとした先端医科学技術など、科学と人間とのあいだで「今まさに生じている」摩擦について、医療の最前線、研究の最前線で困難を抱える人と共に、問題の解決を哲学の立場から取り組んでいます。

  • 【主な業績】
    • Nakazawa E, Yamamoto K, Tachibana K, Toda S, Takimoto Y, Akabayashi A. 2016. Ethics of Decoded Neurofeedback in Clinical Research, Treatment, and Moral Enhancement. American Journal of Bioethics Neuroscience 7(2): 110–117.
    • Sadato N, Morita K, Kasai K, Fukushi T, Nakamura K, Nakazawa E, Okano H, Okabe S. 2019. Neuroethical issues of the Brain/MINDS project of Japan. Neuron 101 (February 6, 2019):385–389. https://doi.org/10.1016/j.neuron.2019.01.006
    • Nakazawa E, Yamamoto K, Akabayashi A, Shaw MH, Demme RA, Akabayashi A. 2020. Will you give my kidney back? Organ restitution in living related kidney transplantation: Ethical analyses. Journal of Medical Ethics 46:144–150. doi:10.1136/medethics-2019-105507
    • 中澤栄輔. 2020. 臨床研究の歴史と研究倫理.『整形外科』71(6):598–601.

開催概要

講義内容
脳科学分野は急速に発展しています。それにより、わたしたち市民は脳科学研究の恩恵を受けることができます。しかし、それと同時に、わたしたちは脳科学研究の成果がわたしたちの従来の社会や人間観にどのように影響を及ぼすのか、吟味する必要があります。例えば、治療を超えて人間の能力の増強を目的とした医療的な介入である「エンハンスメント」は、わたしたちの社会にどのようなインパクトをもたらすでしょうか。また、わたしたちの人間観にどのような影響を与えるのでしょうか。この講義では、脳科学分野のELSIについてこれまでの議論を概観するとともに、認知や情動にたいしてエンハンスメントを目的として医療的な介入を行うことの社会的・人間的な影響について考えてみたいと思います。
日時
2020年10月30日(金)13:00~17:50(12:40より受付開始)
※中澤先生の講義は、13:00~14:30です。
場所
NTTデータ経営研究所(永田町)

JA共済ビルのエントランスフロアにて受付をお済ませいただいた後、左側のエレベーターにて9階までお越しください。
9階エレベーターホールの案内板が設置されている側の扉からお入りいただき右手突き当りまでお進みください。突き当り扉奥に応用脳科学アカデミー受付がございます。

お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。


タイトル「個人情報保護法とその動向について」

講師紹介

吉田 秀平(よしだ しゅうへい)先生

  • 吉田先生 写真
    【現職】
      よしだ法律事務所 弁護士
    【経歴】
    • 東北大学法学部卒業(2004年3月)
    • 東証一部上場企業法務部勤務(~2010年3月)
    • 首都大学東京法科大学院卒業(2012年3月)
    • 弁護士登録(第一東京弁護士会)(2013年12月~)
    •  都内法律事務所に所属、会社顧問、社外取締役、社外監査役を兼任
    • 文部科学省原子力損害賠償紛争解決センター調査官兼任(~2017年3月)
    • よしだ法律事務所開設(2019年4月~)
    • 首都大学東京法科大学院 非常勤講師を兼任(2019年4月~)
  • 【研究概要】

    特になし

  • 【主な業績】

    共著「データ戦略と法律 攻めのビジネスQ&A」(日経BP社)

開催概要

講義内容

近年、EUにおけるGDPRの施行など国際的に個人情報の取扱いのルールが見直される状況にあり、日本においても本年6月に改正個人情報保護法が成立しました。本講義では、個人情報保護法改正の概要をご紹介させていただくとともに、新型コロナパンデミックの影響下における個人情報保護の在り方について、倫理的、法的、社会的観点から検討する予定です。

以下は講義内容の概要です。

  • ①令和2年6月に成立した個人情報保護法改正の概要
  • ②同改正による個人情報の取得、利用および管理の在り方への影響
  • ③新型コロナパンデミックの影響を踏まえた個人情報の保護と利活用のバランスについての検討
日時
2020年10月30日(金)13:00~17:50(12:40より受付開始)
※吉田先生の講義は、14:40~16:10です。
場所
NTTデータ経営研究所(永田町)

JA共済ビルのエントランスフロアにて受付をお済ませいただいた後、左側のエレベーターにて9階までお越しください。
9階エレベーターホールの案内板が設置されている側の扉からお入りいただき右手突き当りまでお進みください。突き当り扉奥に応用脳科学アカデミー受付がございます。

お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

ページトップへ