オープンイノベーションによる脳科学の産業応用を推進「異分野の研究者・異業種の民間企業からなるコンソーシアム」

トップページ > アカデミー一覧 > 応用脳科学アカデミーアドバンスコース「記憶・情動・創造性」第3回(梅田先生・石津先生・春野先生)

応用脳科学アカデミーアドバンスコース「記憶・情動・創造性」第3回(梅田先生・石津先生・春野先生)



タイトル「情動と記憶の認知神経メカニズム: 「脳・心・身体」の調和」

講師紹介

梅田 聡(うめだ さとし)先生

  • 梅田先生 写真
    【現職】
      慶應義塾大学 文学部人文社会学科心理学専攻 教授
    【経歴】
    • 1991年 慶應義塾大学 文学部人間関係学科心理学専攻卒業
    • 1998年 慶應義塾大学 大学院社会学研究科心理学専攻博士課程修了.博士 (心理学)
    • 1998年 日本学術振興会 特別研究員 (PD)
    • 1999年 慶應義塾大学 文学部人文社会学科心理学専攻 助手
    • 2006年 慶應義塾大学 文学部人文社会学科心理学専攻 助教授 (2007年より准教授)
    • 2006年 University College London, Institute of Cognitive Neuroscience: Visiting Research Fellow
    • 2006年 National Hospital for Neurology and Neurosurgery, University College London Hospitals: Honorary Visiting Clinical Research Fellow
    • 2014年 慶應義塾大学 文学部人文社会学科心理学専攻 教授
  • 【研究概要】

    情動・記憶・社会性の認知神経メカニズムに興味を持っています。高次脳機能障害を対象とした神経心理学的方法、fMRIや脳波を用いた脳機能画像法、自律神経機能を調べる生理心理学的手法を用いて研究を行っています。

  • 【主な業績】
    • 梅田 聡・小嶋祥三 (監) (2020) <名著精選> 感情: ジェームズ/キャノン/ダマシオ 岩波書店
    • Ito, Y., Shibata, M., Tanaka, Y., Terasawa, Y., & Umeda, S. (2019) Affective and temporal orientation of thoughts in depression and anxiety traits: Electrophysiological evidence. Brain Research, 1719, 148-156.
    • Katayama, N., Nakagawa, A., Umeda, S., Terasawa, Y., Kurata, C., Tabuchi, H., Kikuchi, T., & Mimura, M. (2019) Frontopolar cortex activation associated with pessimistic future-thinking in adults with major depressive disorder. Neuroimage: Clinical, 23, 101877.
    • Motomura, K., Terasawa, Y., Natsume, A., Iijima, K., Chalise, L., Sugiura, J., Yamamoto, H., Koyama, K., Wakabayashi, T., & Umeda, S. (2019) Anterior insular cortex stimulation and its effects on emotion recognition. Brain Structure and Function.
    • Kita, M., Kobayashi, K., Obara, K., Koikeda, T., Umeda, S., & Ano, Y. (2019) Supplementation with whey peptide rich in β-lactolin improves cognitive performance in healthy older adults: A randomized, double-blind, placebo-controlled study. Frontiers in Neuroscience, 13, 399.
    • Koreki, A., Maeda, T., Okimura, T., Terasawa, Y., Kikuchi, T., Umeda, S., Nishikata, S., Yagihashi, T., Kasahara, M., Nagai, C., Moriyama, Y., Den, R., Watanabe, T., Kikumoto, K., Kato, M., & Mimura, M. (2019) Dysconnectivity of the Agency Network in Schizophrenia: A Functional Magnetic Resonance Imaging Study. Frontiers in Psychiatry, 10, 171.
    • Ito, Y., Terasawa, Y., Umeda, S., & Kawaguchi, J. (2019) Spontaneous activation of event details in episodic future simulation. Frontiers in Psychology, 10, 625.
    • 梅田 聡 (2019) Salience networkとdefault mode network Clinical Neuroscience, 37, 181-184.
    • Osumi, T., Tsuji, K., Shibata, M., & Umeda, S. (2019) Machiavellianism and early neural responses to others' facial expressions caused by one's own decisions. Psychiatry Research, 271, 669-677.
    • Kurosaki, Y., Terasawa, Y., Ibata, Y., Hashimoto, R., & Umeda, S. (2018) Retrospective time estimation following damage to the prefrontal cortex. Journal of Neuropsychology.
    • Kita, M., Obara, K., Kondo, S., Umeda, S., & Ano, Y. (2018) Effect of supplementation of a whey peptide rich in tryptophan-tyrosine-related peptides on cognitive performance in healthy adults: A randomized, double-blind, placebo-controlled study. Nutrients, 10, 899.
    • 梅田 聡 (2018) 頭頂葉内側部における符号化・検索処理の機能解剖学 特集号「記憶と忘却に関する脳のしくみ: 分子機構から忘却の症候まで」 BRAIN and NERVE, 70, 763-769.
    • 梅田 聡 (2018) 共感の理論と脳内メカニズム 高次脳機能研究, 38, 133-138.
    • 梅田 聡 (2017) 前向きな行動を支える10野,意味処理のハブの役割を担う38野 特集号「ブロードマン領野の現在地」 BRAIN and NERVE, 69, 355-365.
    • Shibata, M., Terasawa, Y., Osumi, T., Masui, K., Ito, Y., Sato, A., & Umeda, S. (2017) Time course and localization of brain activity in humor comprehension: An ERP/sLORETA study. Brain Research, 1657, 215-222.
    • Umeda, S., Tochizawa, S., Shibata, M., & Terasawa, Y. (2016) Prospective memory mediated by interoceptive accuracy: A psychophysiological approach. Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences, 371, 20160005.
    • 梅田 聡 (2016) 情動障害と発汗異常 BRAIN and NERVE, 68, 893-901.
    • Terasawa, Y., Kurosaki, Y., Ibata, Y., Moriguchi, Y., & Umeda, S. (2015) Attenuated sensitivity to the emotions of others by insular lesion. Frontiers in Psychology, 6, 1314
    • Umeda, S., Harrison, N. A., Gray, M. A., Mathias, C. J., & Critchley, H. D. (2015) Structural brain abnormalities in postural tachycardia syndrome: A VBM-DARTEL study. Frontiers in Neuroscience, 9, 34.
    • Eccles, J. A., Owens, A. P., Mathias, C. J., Umeda, S., & Critchley, H. D. (2015) Neurovisceral phenotypes in the expression of psychiatric symptoms. Frontiers in Neuroscience, 9, 4.
    • Shibata, M., Terasawa, Y., & Umeda, S. (2014) Integration of cognitive and affective networks in humor comprehension. Neuropsychologia, 65, 137-145.
    • 梅田 聡 他 (編) (2014) 共感 (岩波講座 コミュニケーションの認知科学 第2巻) 岩波書店
    • Terasawa, Y., Shibata, M., Moriguchi, Y., & Umeda, S. (2013) Anterior insular cortex mediates bodily sensibility and social anxiety. Social Cognitive and Affective Neuroscience, 8, 259-266.
    • Terasawa, Y., Fukushima, H., & Umeda, S. (2013) How does interoceptive awareness interact with the subjective experience of emotion? An fMRI study. Human Brain Mapping, 34, 598-612.
    • Umeda, S., Kurosaki, Y., Terasawa, Y., Kato, M., & Miyahara, Y. (2011) Deficits in prospective memory following damage to the prefrontal cortex. Neuropsychologia, 49, 2178-2184.
    • Shibata, M., Abe, J., Itoh, H., Shimada, K., & Umeda, S. (2011) Neural processing associated with comprehension of an indirect reply during the scenario reading task. Neuropsychologia, 49, 3542-3550.
    • Fukushima, H., Terasawa, Y., & Umeda, S. (2011) Association between interoception and empathy: Evidence from heartbeat-evoked brain potential. International Journal of Psychophysiology, 79, 259-265.
    • Hashimoto, T., Umeda, S., & Kojima, S. (2011) Neural substrates of implicit cueing effect on prospective memory. Neuroimage, 54, 645-652.
    • Umeda, S., Mimura, M., & Kato, M. (2010) Acquired personality traits of autism following damage to the medial prefrontal cortex. Social Neuroscience, 5, 19-29.
    • 梅田 聡 (2007) 「あっ、忘れてた」はなぜ起こる 岩波書店

開催概要

講義内容
近年、情動や記憶の神経基盤を理解しようとする試みは急増しており、心理学的側面や神経科学的側面に着目した研究から、多くの事実が明らかにされています。情動や記憶のメカニズムを考える際には、脳や心の働きに注目するだけでは不十分であり、身体の影響、すなわち自律神経を介したダイナミクスを考慮し、「脳・心・身体」という三者関係で捉えることが必要になります。さらに、情動を理解する上では「社会性」という側面を切り離して考えることはできません。そこで、今回の講義では、情動に関する諸理論について触れた上で、fMRIを用いた研究、脳損傷や自律神経障害を対象とした研究など、複数のアプローチによって得られた研究成果について紹介します。
日時
2021年1月29日(金)13:00~17:50(12:40より受付開始)
※梅田先生の講義は、13:00~14:10です。
場所
NTTデータ経営研究所(永田町)

JA共済ビルのエントランスフロアにて受付をお済ませいただいた後、左側のエレベーターにて9階までお越しください。
9階エレベーターホールの案内板が設置されている側の扉からお入りいただき右手突き当りまでお進みください。突き当り扉奥に応用脳科学アカデミー受付がございます。

お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。


タイトル「神経美学:美、芸術、感性の脳科学」

講師紹介

石津 智大(いしづ ともひろ)先生

  • 石津先生 写真
    【現職】
      関西大学 文学部 心理学専修 准教授
    【経歴】
    • 2003年 早稲田大学第一文学部心理学専修卒業
    • 2009年 慶應義塾大学社会学研究科心理学専攻博士課程単位取得退学、同年9月博士号受領
    • 2009-2016年 ロンドン大学ユニバーシティカレッジ生命科学部 研究員
    • 2016-2018年 ウィーン大学心理学部 研究員・客員講師
    • 2018-2020年 ロンドン大学ユニバーシティカレッジ生命科学部 上級研究員
    • 2020-現在 京都大学オープンイノベーション機構 特任講師
    • 2020-現在 関西大学文学部心理学専修 准教授
  • 【研究概要】

    芸術的活動(作品の知覚、表現技法、価値づけ、芸術的創造性など)と認知プロセスとの関係、感性的な体験(美醜、感動、崇高など)と脳のはたらきとの関係を、実験心理学と認知神経科学の手法により研究しています。また、基礎的な感性科学の実社会への貢献・応用(アートによる高齢者施設のウェルネス改善、臨床応用など)について取り組んでいます。

  • 【主な業績】
    主な論文
    • Ishizu, T. (2019), Functional Neuroimaging in Empirical Aesthetics and Neuroaesthetics. In The Oxford Handbook of Empirical Aesthetics.
    • Gerger, G., Pelowski, M., & Ishizu, T. (2018). Does priming negative emotions really contribute to more positive aesthetic judgments? A comparative study of emotion priming paradigms using emotional faces versus emotional scenes and multiple negative emotions with fEMG. Emotion.
    • Ishizu, T., & Zeki, S. (2017). The experience of beauty derived from sorrow. Human Brain Mapping, 38(8), 4185-4200.
    • Ishizu, T., & Zeki, S. (2014). A neurobiological enquiry into the origins of our experience of the sublime and beautiful. Frontiers in human neuroscience, 8, 891.
    • Ishizu, T., & Zeki, S. (2014). Varieties of perceptual instability and their neural correlates. NeuroImage, 91, 203-209.
    • Ishizu, T., & Zeki, S. (2013). The brain's specialized systems for aesthetic and perceptual judgment. European Journal of Neuroscience, 37(9), 1413-1420.
    • Zeki, S., & Ishizu, T. (2013). The “Visual Shock” of Francis Bacon: an essay in neuroesthetics. Frontiers in human neuroscience, 7, 850.
    • Ishizu, T., & Zeki, S. (2011). Toward a brain-based theory of beauty. PloS one, 6(7), e21852.
    主な著作、編著作
    • 石津智大 『神経美学 ‐美と芸術の脳科学‐』 (2019年、共立出版)
    • Projecting Pentagonism: the aesthetic of Gerard Caris, Ishizu, T., McGown, K., Onians, J., Pooke, G. Sidney Cooper Gallery (2018) (エキシビションカタログ)

開催概要

講義内容

わたしたちの毎日を豊かに彩る感性と芸術。一見、脳科学とは遠くはなれた領域に思えますが、知覚の探求と精神のはたらきにかかわろうと試みている点では、脳科学とおなじ目的を共有し、深い関係性があると言えます。神経美学とは、認知神経科学の新しい一分野であり、脳のはたらきと美学的体験(美醜、感動、崇高など)との関係や、認知プロセスや脳機能と芸術的活動(作品の知覚・認知、創造性、美術批評など)との関係を研究する学問です。神経科学者や心理学者だけでなく、哲学者、芸術家、美術史学者などが参画する学際領域です。認知神経科学と心理学の観点から芸術的活動・創造性と感性的判断の仕組みを学ぶ一方、芸術の技法や感性的判断についての人文学的考察を利用してわたしたちの認知とこころのはたらき、さらにその背後にある脳機能への理解を深める。このような相補的なはたらきのある分野といえます。

本講義では、美醜などの感性的判断について神経美学の基本的な研究成果を概観したあと、単純な美を超えた複雑な感性体験、すなわち悲哀美や畏怖などの認知・脳機能を紹介します。また、感性と行動との関係、そして個と個を超えて感性的価値が社会で共有されるプロセスについて考え、これらを通して神経美学や感性科学の成果を実社会へ還元する視点を提供したいと思います。

日時
2021年1月29日(金)13:00~17:50(12:40より受付開始)
※石津先生の講義は、14:20~15:30です。
場所
NTTデータ経営研究所(永田町)

JA共済ビルのエントランスフロアにて受付をお済ませいただいた後、左側のエレベーターにて9階までお越しください。
9階エレベーターホールの案内板が設置されている側の扉からお入りいただき右手突き当りまでお進みください。突き当り扉奥に応用脳科学アカデミー受付がございます。

お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。


タイトル「社会的脳科学とSNSにおける行動」

講師紹介

春野 雅彦(はるの まさひこ)先生

  • 春野先生 写真
    【現職】
      NICT 脳情報通信融合研究センター 脳情報通信工学研究室 研究マネージャ
    【経歴】
    • 1991年 京都大学 工学部 電気工学第二学科 卒業
    • 1993年 京都大学 工学研究科 電気工学第二専攻 修了
    • 1993年~1997年 NTTコミュニケーション科学研究所
    • 1997年~2008年 ATR脳情報研究所
    • 2003年~2004年 ロンドン大学 神経学研究所
    • 2008年 ケンブリッジ大学 工学部
    • 2009年~2010年 玉川大学 脳科学研究所 グローバルCOE准教授
    • 2011年~2017年 情報通信研究機構(NICT) 脳情報通信融合研究センター 主任研究員
  • 【研究概要】

    ヒトの意思決定のメカニズム、特に本人はあまり強く意識せずに脳内で働いている機構に興味をもち研究しています。具体的には、他者の存在や外部の環境が脳にどのように影響し、どう意思決定に作用するのかを調べています。 このような脳内メカニズムの解明により、脳活動から将来の行動を予測することも目指しています。

  • 【主な業績】
    • Toshiko Tanaka, Takao Yamamoto, Masahiko Haruno  (2017) Brain response patterns to economic inequity predict present and future depression indices. Nature Human Behaviour 1, 748-756.
    • Nihonsugi T, Ihara A, Haruno M (2015) Selective increase of intention-based economic decisions by noninvasive brain stimulation to the dorsolateral prefrontal cortex. J Neurosci 35: 3412–3419.
    • Noriya Watanabe, Masahiko Haruno Effects of subsonscious and conscious emotions on human cue-reward association learning. Scientific Reports(2015)
    • Haruno M, Kimura M, Frith CD. Activity in the nucleus accumbens and amygdala underlies individual differences in prosocial and individualistic economic choices. J Cogn Neurosci. 2014 26(8):1861-70.
    • Masahiko Haruno, Minoru Kimura, Christopher D. Frith Activity in the Nucleus Accumbens and Amygdala Underlies Individual Differences in Prosocial and Individualistic Economic Choices Journal of Cognitive Neuroscience 2014 (in press)
    • Watanabe N. SakagamiM. Haruno M. (2013) Reward Prediction Error Signal Enhanced by Striatum-Amygdala Interaction Explains the Acceleration of Probabilistic Reward Learning by Emotion J Neurosci. 33:4487-4493.
    • Suzuki S, Harasawa N, Ueno K, Gardner JL, Ichinohe N, Haruno M, Cheng K, Nakahara H. (2012) Learning to Simulate Others' Decisions. Neuron. 74: 1125-1137.
    • Sugimoto N, Haruno M, Doya K, Kawato M. (2012) MOSAIC for multiple reward. Neural Computation. 24 :577-606.
    • Haruno M, Ganesh G, Burdet E, Kawato M. (2012) Differential Neural Correlates of Reciprocal Activation and Co-contraction Control in Dorsal and Ventral Premotor Cortices. J Neurophysiol. 107:126-133.
    • Enomoto K, Matsumoto N, Nakai S, Satoh T, Sato TK, Ueda Y, Inokawa H, Haruno M, Kimura M. (2011) Dopamine neurons learn to encode the long-term value of multiple future rewards. Proc Natl Acad Sci U S A. 108:15462-7.
    • Aramaki Y, Haruno M, Osu R, Sadato N. (2011) Movement initiation-locked activity of the anterior putamen predicts future movement instability in periodic bimanual movement. J Neurosci. 31:9819-23.
    • Lemmin T, Ganesh G, Gassert R, Burdet E, Kawato M, Haruno M. (2010) Model-based attenuation of movement artifacts in fMRI. J Neurosci Methods. 192:58-69.
    • Ganesh G, Haruno M, Kawato M, Burdet E. (2010) Motor memory and local minimization of error and effort, not global optimization, determine motor behavior. J Neurophysiol. 104, 382-90.
    • Haruno M. & Frith C. (2010) Activity in the amygdala elicited by unfair divisions predicts social value orientation. Nat Neurosci. 13(2):160-161.

開催概要

講義内容
社会的な生物であるヒトでは、“他者との関係”なしにその行動や意思決定を語ることは出来ません。ここ数年、他者との関係に関係する脳科学が急速な進展を見せています。 今回は私たちの研究を中心にしてこの社会脳科学の進展について紹介するとともに、SNS上における行動の個人差と脳の関係について考えます。最後にこれらの知見を基にしたマーケティング戦略の可能性について議論します。
日時
2021年1月29日(金)13:00~17:50(12:40より受付開始)
※春野先生の講義は、15:40~16:50です。
場所
NTTデータ経営研究所(永田町)

JA共済ビルのエントランスフロアにて受付をお済ませいただいた後、左側のエレベーターにて9階までお越しください。
9階エレベーターホールの案内板が設置されている側の扉からお入りいただき右手突き当りまでお進みください。突き当り扉奥に応用脳科学アカデミー受付がございます。

お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

ページトップへ