1. HOME
  2. 応用脳科学アカデミー
  3. 2022年度
  4. 笑いと健康~心と身体を癒す笑いの力~:大平 哲也(福島県立医科大学 医学部(生命科学・社会医学系)疫学講座 主任教授)

応用脳科学アカデミー

2022年度

笑いと健康~心と身体を癒す笑いの力~:大平 哲也(福島県立医科大学 医学部(生命科学・社会医学系)疫学講座 主任教授)

「笑う門には福来る」と言われるように、笑うことは心や身体によい影響を与えるということが経験的に知られていますが、近年、笑いがストレス解消になることに加え、高血圧、糖尿病など生活習慣病を予防できる可能性が報告されるようになりました。また、認知症、口腔機能、健康寿命や生命予後との関連も報告されています。一方、笑いを用いた治療については、世界各国で介入研究が行われており、その一つにLaughter Yoga(笑いヨガ)があります。笑いヨガは体操としての笑いとヨガの呼吸法を組み合わせたもので、身体的・精神的生活の質(QOL)の改善に加えて、身体機能や血糖値等の改善がみられることがわかりました。笑いは、家族や友人と話をしている時に最も多くなり、人と人との繋がりが多いほど増えます。コロナ禍においては人とのコミュニケーションが減少する傾向にありますが、感染予防を行った上で人とのコミュニケーションを維持することが地域全体の笑いを増やすことに繋がり、地域全体の疾病予防・健康寿命の延伸に貢献できる可能性があります。

講師

大平 哲也 先生
福島県立医科大学 医学部(生命科学・社会医学系) 疫学講座 主任教授     

日時

2022年10月18日(火)13:00~17:30(12:40より受付開始)
※大平先生の講義は、15:40~16:50です。

場所

NTTデータ経営研究所 9階 セミナールーム

入館方法

JA共済ビルのエントランスフロアで受付を済ませてから、左側のエレベーターにて9階までお越しください。応用脳科学アカデミーの案内看板が掲示されています。
そちら側よりご入室いただきますと、右側奥に応用脳科学アカデミー受付(臨時設置)がございます。

お問い合せ先

本アカデミーに関するご質問等は、「各種お問い合わせフォーム」より、お問い合わせください。

講師紹介

大平 哲也 (おおひら てつや) 先生

現職

  • 福島県立医科大学 医学部(生命科学・社会医学系) 疫学講座 主任教授
  • 同 放射線医学県民健康管理センター健康調査支援部門 部門長         
  • 同 健康増進センター 副センター長      
  • 大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学 招へい教授          

経歴

平成 2年 3月  福島県立医科大学医学部医学科卒業
平成 2年 6月 (財)総合会津中央病院池見記念心身医学センター医員
平成 4年11月 浜松医科大学付属病院第2内科医員
平成 5年 4月  共立菊川総合病院内科医員
平成11年 3月 筑波大学大学院博士課程医学研究科環境生態系修了
平成12年 7月 大阪府立成人病センター集団検診第Ⅰ部診療主任
平成13年 4月 大阪府立健康科学センター健康開発部医長
平成17年 1月 米国ミネソタ大学(University of Minnesota) 疫学・社会健康医学部門研究員
          (上原記念生命科学財団 リサーチフェロー)
平成18年10月 大阪大学大学院医学系研究科公衆衛生学 医学部講師
平成20年 6月  同上 准教授
平成25年 2月  福島県立医科大学放射線医学県民健康管理センター疫学部門 教授
平成25年 8月  福島県立医科大学 医学部疫学講座 主任教授 現在に至る

研究概要

笑い等のポジティブな心理的介入による生活習慣病予防についての研究
生活習慣病の心理社会的危険因子に関する研究
脳卒中、虚血性心疾患等の循環器疾患の疫学研究

主な業績

講演に関連した代表論文
  1. Funakubo N, Eguchi E, Hayashi R, Hirosaki M, Shirai K, Okazaki K, Nakano H, Hayashi F, Omata J, Imano H, Iso H, Ohira T. Effects of a laughter program on body weight and mental health among Japanese people with metabolic syndrome risk factors: A randomized controlled trial. BMC Geriatrics. 22(1):361, 2022. doi: 10.1186/s12877-022-03038-y.
  2. Wang Y, Shirai K, Ohira T, Hirosaki M, Kondo N, Takeuchi K, Yamaguchi C, Tamada Y, Kondo K, Cadark D, Iso H. Occasions for laughter and dementia risk: findings from a six-year cohort study. Geriatr Gerontol Int. 22:392-398, 2022.
  3. Tamada Y, Yamaguchi C, Saito M, Ohira T, Shirai K, Kondo K, Takeuchi K. Does laughing with others lower the risk of functional disability among older Japanese adults? The JAGES prospective cohort study. Prev Med;155:106945, 2022. doi: 10.1016/j.ypmed.2021.106945.
  4. Tamada Y, Takeuchi K, Yamaguchi C, Saito M, Ohira T, Shirai K, Kondo K. Does laughter predict onset of functional disability and mortality among older Japanese adults? the JAGES prospective cohort study. J Epidemiol, 31(5):301-307, 2021.
  5. Nagai M, Ohira T, Shirai K, Kondo K. Does variety of social interactions associate with frequency of laughter among older people? The JAGES cross-sectional study. BMJ Open, 11(1):e039363, 2021.
  6. Ikeda S, Ikeda A, Yamagishi K, Hori M, Kubo S, Sata M, Okada C, Umesawa M, Sankai T, Kitamura A, Kiyama M, Ohira T, Tanigawa T, Iso H. Longitudinal Trends in Blood Pressure Associated with the Frequency of Laughter: Longitudinal Study of Japanese General Population: the Circulatory Risk in Communities Study (CIRCS). J Epidemiol, 31(2):125-131. 2021.
  7. Hirosaki M, Ohira T, Shirai K, Kondo N, Aida J, Yamamoto T, Takeuchi K, Kondo K. Association between frequency of laughter and oral health among community-dwelling older adults: a population-based cross-sectional study in Japan. Qual Life Res, 30(6):1561-1569, 2021.
  8. Morishima T, Miyashiro I, Inoue N, Kitasaka M, Akazawa T, Higeno A, Idota A, Sato A, Ohira T, Sakon M, Matsuura N. Effects of laughter therapy on quality of life in patients with cancer: An open-label, randomized controlled trial., PLoS One. 14(6):e0219065, 2019.
  9. Hirosaki M, Ohira T, Yasumura S, Maeda M, Yabe H, Harigane M, Takahashi H, Murakami M, Suzuki Y, Nakano H, Zhang W, Uemura M, Abe M, Kamiya K, for the Fukushima Health Management Survey Group. Lifestyle factors and social ties associated with the frequency of laughter after the Great East Japan Earthquake: Fukushima Health Management Survey. Qual Life Res, 27(3):639-650, 2018.
  10. Imai Y, Nagai M, Ohira T, Shirai K, Kondo N, Kondo K. The impact of social relationships on income-laughter relationships among older people: The JAGES cross-sectional study. BMJ Open, 8(7):e019104, 2018.
  11. 大平哲也:笑いと身体心理的健康・疾病との関連についての近年の研究動向-2010年~2020年の観察研究、介入研究を中心に-.笑い学研究.27(1):3-18, 2020.
  12. 市来真彦、大平哲也:笑いと精神科医療.外来精神療法.20(1):24-28, 2020.
  13. 大平哲也:笑いと心臓病に関するエビデンス.心臓.51(11):1217-1221, 2019.
主な著書
  1. Ohira T, Ichiki M. Laughter is the Best Therapy for Happiness and Healthy Life Expectancy. In Goh Cheng Soon (edu). Healthy Ageing in Asia: Culture and Tradition in Prevention and Wellness. Taylor and Francis, 2022.
  2. Ohira T, Nakano H, Okazaki K, Hayashi F, Nagao M, Sakai A, Hosoya M, Shimabukuro M, Yasumura S, Ohto H, Kamiya K, Fukushima Health Management Survey Group. II. 5) Lifestyle-related diseases caused by evacuation: Results of the Comprehensive Health Check in the Fukushima Health Management Survey. Health Effects of Fukushima Nuclear Disaster, Elsevier, Netherlands, 99-121, 2022.
  3. 大平哲也:感情を毒にしないコツ 心と体の免疫力を高める「1日5分」の習慣 青春出版社,2020.
  4. 大平哲也:生活習慣是正の指標⑧ ストレス対策・こころの健康.日本循環器病予防学会編 循環器病予防ハンドブック 第7版 保健同人社:208-212,2014
  5. 大平哲也:笑いのメカニズムとストレス軽減効果.研究者うつ病対策 技術情報協会:55-60, 2013.
主な連載
  1. 大平哲也:笑いヨガでハート健康に.安全衛生のひろば.2021年1月号~12月号.
  2. 大平哲也:「笑門来健」笑う門には健康来る! 笑いを生かした健康づくり.公衆衛生.2012年4月号~2014年3月号
             

関連講義