1. HOME
  2. 応用脳科学アカデミー
  3. 2024年度
  4. CiNetコース

応用脳科学アカデミー

     

CiNetコース

情報の多様な受け取り方を脳情報からとらえる:井原 綾(国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT) 未来ICT研究所 脳情報通信融合研究センター(CiNet) 脳機能解析研究室 主任研究員)

 同じ情報でも、人によって受け取り方に違いが生じます。ある人にとっては理解しやすい情報が、他の人には難しいものであることもありますし、ある状況が快適な人もいれば、ストレスに感じる人もいます。さらに、個人のその時々の状態に...

脳と機械を繋ぐブレインマシンインターフェース(BMI)の現状と課題:海住 太郎(国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)未来ICT研究所 脳情報通信融合研究センター(CiNet) 研究員)

 脳とコンピュータを接続し、利用者の意図を解読してロボットハンドなどの操作を可能にするBMI技術が期待と注目を集めています。筋萎縮性側索硬化症(ALS)、脊髄損傷、脳卒中など、運動機能の障害に対するサポート技術として開発...

視覚障がい者の空間認知と運動制御:池上 剛(国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)未来ICT研究所 脳情報通信融合研究センター(CiNet) 主任研究員)

ブラインドサッカー選手のような視覚障がい者アスリートは、目が見えていると錯覚するほど巧みで正確な運動パフォーマンスを発揮することができます。視覚に頼ることなく、脳はどのようにして正確な空間認知や身体制御を実現しているので...

感謝を科学する:NAWA Norberto Eiji(国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)未来ICT研究所脳情報通信融合研究センター脳機能解析研究室 主任研究員)

近年、広義に良好な状態を意味するWell-beingが、健康状態から個人の生産性に至るまで、多岐にわたる側面と密接に関連していることが多く報告されています。ポジティブ心理学研究では、日常生活の様々な場面で現れる感謝感情が...