1. HOME
  2. 応用脳科学アカデミー
  3. 2023年度
  4. 創造性と意識:神経基盤の類似性とAI実装:笹井 俊太朗(株式会社アラヤ 取締役CRO 兼 研究開発部 部長)

応用脳科学アカデミー

2023年度

創造性と意識:神経基盤の類似性とAI実装:笹井 俊太朗(株式会社アラヤ 取締役CRO 兼 研究開発部 部長)

我々が創造性を発揮できる背景には、どのような認知・神経メカニズムが存在しているのでしょうか?我々の意識や意識下で起こる過程は、創造的なアイデアの生成にどのように貢献しているのでしょうか?これらの疑問へ迫るべく、本講演では、ヒトの創造性に貢献するとされる神経メカニズムに関する知見の概説からはじめ、創造性と意識を生成する神経メカニズムとの間に関係が深いことを、実際の知見、および理論的観点から議論します。さらに、意識生成のメカニズムの一部を模した人工知能が、創造性に重要とされる認知機能を達成できることを示します。これらを踏まえて創造性と意識との関係を再考するとともに、創造的な人工知能の実装や応用可能性について議論を行います。

講師

笹井 俊太朗 先生
株式会社アラヤ 取締役CRO 兼 研究開発部 部長
ウィスコンシン大学マディソン校 医学部 名誉フェロー

日時

2023年12月8日(金)13:00~17:30(12:40より受付開始)第1部 13:00~14:10
当日の全体スケジュールはこちら ⇒ アーカイブ受講受付中。詳細・申込は事務局までお問い合わせください。

場所

オンライン(Zoom)

お問い合せ先

本アカデミーに関するご質問等は、「各種お問い合わせフォーム」より、お問い合わせください。

講師紹介

笹井 俊太朗(ささい しゅんたろう)先生

現職

株式会社アラヤ 取締役CRO 兼 研究開発部 部長
ウィスコンシン大学マディソン校 医学部 名誉フェロー

経歴

2016/04 – 2018/09 ウィスコンシン大学マディソン校 医学部精神科 リサーチアソシエイト
2018/10 – 2020/11 ウィスコンシン大学マディソン校 医学部精神科 アシスタントサイエンティスト
2020/11 – 2021/01 株式会社アラヤ リサーチ部門 リサーチチームリーダー
2021/02 – 2021/09 株式会社アラヤ 脳事業研究開発室 チームリーダー
2021/10 – 2022/04 株式会社アラヤ 脳事業研究開発室 研究開発統括
2020/11 – 現在 ウィスコンシン大学マディソン校 医学部精神科 名誉フェロー
2022/04 – 現在 株式会社アラヤ 取締役CRO 兼 研究開発部 部長

研究概要

意識の神経メカニズムの研究、特に、意識の統合情報理論の提唱者と共に理論の構築と検証に取り組んでいる。また、意識理論を応用した「心をつなげるBMI」の社会実装を目指し、神経科学とAIの融合領域における基礎研究と、それを応用した新たなニューロテックプロダクトの開発を進めている。

主な業績

[1] Kabe Y and Sasai S. (2022) A neural workspace for representation sharing. 3O05a1-02. Neuro2022
[2] Juliani, A., Arulkumaran, K., Sasai, S., & Kanai, R. (2022). On the link between conscious function and general intelligence in humans and machines. Transactions on Machine Learning Research
[3] Kawakita, G., Kamiya, S., Sasai, S., Kitazono, J., & Oizumi, M. (2022). Quantifying brain state transition cost via Schrödinger Bridge. Network Neuroscience, 6(1), 118-134.
[4] Juliani, A., Kanai, R., & Sasai, S. (2022). The Perceiver Architecture is a Functional Global Workspace. Proceedings of the Annual Meeting of the Cognitive Science Society (Vol. 44, No. 44).
[5] Sasai, S., Koike, T., Sugawara, S. K., Hamano, Y. H., Sumiya, M., Okazaki, S., … & Sadato, N. (2021). Frequency-specific task modulation of human brain functional networks: A fast fMRI study. NeuroImage, 224, 117375.
[6] Cohen, D., Sasai, S., Tsuchiya, N., & Oizumi, M. (2020). A general spectral decomposition of causal influences applied to integrated information. Journal of neuroscience methods, 330, 108443.
[7] Mensen, A., Marshall, W., Sasai, S., & Tononi, G. (2018). Differentiation analysis of continuous electroencephalographic activity triggered by video clip contents. Journal of Cognitive Neuroscience, 30(8), 1108-1118.
[8] Honjoh, S., Sasai, S., Schiereck, S. S., Nagai, H., Tononi, G., & Cirelli, C. (2018). Regulation of cortical activity and arousal by the matrix cells of the ventromedial thalamic nucleus. Nature Communications, 9(1), 1-14.
[9] Sasai, S., Boly, M., Mensen, A., & Tononi, G. (2016). Functional split brain in a driving/listening paradigm. Proceedings of the National Academy of Sciences, 113(50), 14444-14449.
[10] De Domenico, M., Sasai, S., & Arenas, A. (2016). Mapping multiplex hubs in human functional brain networks. Frontiers in neuroscience, 10, 326.
[11] Sasai, S., Homae, F., Watanabe, H., Sasaki, A. T., Tanabe, H. C., Sadato, N., & Taga, G. (2012). A NIRS–fMRI study of resting state network. Neuroimage, 63(1), 179-193.
[12] Sasai, S., Homae, F., Watanabe, H., & Taga, G. (2011). Frequency-specific functional connectivity in the brain during resting state revealed by NIRS. Neuroimage, 56(1), 252-257.

             

関連講義